ELECTRO HARMONIX / Micro POG

オクターブペダルと言えばお馴染みのエレハモよりmicro POG。シンプルな仕様ですが厚い支持を有しているペダルですね。うち的にはTTNGのバリトンギター使いの名手ヘンリーが使っていたりする、使い方次第で幾らでも新しいサウンドを創り出すことができるペダル。今は後継モデルの"nano" POGというモデルもありますが、若干エフェクトの掛かりやサウンドが違うのでこちらのモデルを好む人も居ると思います。


(*詳しい動作や音の方向性等の説明は下スクロールにて。)

製造元 : ELECTRO HARMONIX
価格 : 33,600円
数量
 

1968年設立、数々の伝説的なペダルを生み出し、現在もなお常にペダル界の先陣を切って斬新で独創的なペダルを創り続けるNYC拠点のレジェンドペダルメーカーElectro-Harmonixの”micro POG”はオクターブペダルの代表ともいえる”POG”の余分な機能を省き、コンパクトに機体に収めたオクターブペダルです。

元々エレハモが最初に”POG”の名前で発表した銀色のデカい機体だったのが”POG 2″ではプリセット機能も加えられ多機能さが売りでしたが、この”micro POG”によって普通にオクターブアップ/ダウンだけを必要とするユーザーにとっては一番使い勝手が良いペダルでした。今は”nano POG”の登場によりPOGシリーズの中では最小とはいきませんがnano POGとmicro POGでは割とエフェクトの音質が違っている為にこのmicro POGの方を好んで使う人も多いと思います。どちらが良いのかと問われれば、好みの問題なので一概には決められませんがmicro POGの方がエフェクト音が落ち着いている、よく言えばデジタルサウンド感がこちらの方が少なくベースユーザーにもフィットしやすいのかなと個人的には思います。

6弦ギターを12弦に、4弦ベースを8弦に、或いはギターをベースのような音に、またその逆も作れる使い道次第で効果的なサウンドを曲中に取り入れることが可能なペダルです。