L' / Red


(*詳しい動作や音の方向性等の説明は下スクロールにて。)

  • Label:
  • Price:12,980
  • Qty :

このL'/"Red"は内部のコンポーネンツの差異などありますがオリジナルのLeqitue/"Red"と極めて近いサウンドチューニングを施してあります。

以下はLeqtique版"Red"の使用体感インフォです。

“Gain”は0にすれば完全クリーンとなり9~12時までがローゲイン~ミドルゲインドライヴ、12時~マックスまでがハイゲインドライヴ〜ディストーションとなってます。かなりゲイン幅の広い可変ですが、とても自然/リニアにゲインが増えていくので好みのゲイン量を細かく設定できるのは有り難いです。

ディストーションサウンドもオーヴァードライブの発展的、というよりかなりマーシャルアンプ的なサウンド指向ですので、”ディストーション臭さ”が苦手な方でも嫌味なく使えるサウンドだと思います。

“Low Cut”“Treble”ではそれぞれローをカット(右に回していくほどローをタイトに、逆に反時計回しで重厚なローを出す)、トレブルの出方を設定、ここの効きがかなり旧モデルより格段に良くなっていまして、ハイゲイン〜ディストーションのゲイン量にした時にこのEQたちで音色を補正し辛かった旧モデルに比べてこのLeqtique版ではLow CutがTrebleに影響せずに働くので、ミュートバッキング多用のギタリストにとってはトレブルは好きなトーンのまま、重厚でズンズンと来るローを好きなだけ出したり、寧ろタイトにローを減らしたりも出来るかなり使い勝手のよいコントロールになっています。