WALRUS AUDIO / JUPITER V2

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのペダルブラントといえば真っ先にここが浮かぶオクラホマのWALRUS AUDIO、2017年新作シリーズ第二弾の"JUPITER V2"は、極悪轟音・砂嵐系ファズペダル、モードによっては地響きやヘリのプロペラ音にも似たブーミーさも発生させられる個性強めなサウンドにもできますし、バンドアンサンブルにも程よく溶け込むサウンドにもできるオリジナルファズペダルです。


(*詳しい動作や音の方向性等の説明は下スクロールにて。)

  • Label:WALRUS AUDIO
  • Price:27,000
  • Qty :

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのペダルブラントといえば真っ先にここが浮かぶオクラホマのWALRUS AUDIO、2017年からの怒涛の新作第二弾は以前からあるモデルの”Jupiter”というファズをアップデートしてより使い勝手を良くした、極悪轟音・砂嵐系ファズペダルです。

コントロールは左上からlevel,fuzz,toneの3つのノブとmode,bassの2つのトグルスイッチで構成、ファズサウンドはmodeによって変化します。

levelは音量調整。modeの選択によって多少音量のバラつきがあるのでそれの調整にも使います。 fuzzはゲイン量ですが、min.からサスティンが増えるというよりかはファズの飽和感が増していく感覚を覚えます

toneはトレブルの調整、右に回していくほど明瞭な音になります。

modeはクリッピングダイオードの配列を変更できるスイッチ、3種ありまして、これを変えることによってファズの風味が大分変ります。

真ん中/一番プリミティブで極悪低音のファズを発生させるモード、とにかく低音、というか地響きやヘリのプロペラ音にも似たブーミーさ、ダイナミックさを体現したベース顔負けの極悪轟音低音モードです。

/ローの暴れは真ん中のモードよりは抑え気味ですが、ハイが強調されて歯切れが良く、音の分離感があるファズのモード、Dinosaur Jr.のようなソロを弾くと一番気持ちが良いモードでもあります。

/3つのモードの中では無難にすら感じてしまう程 (笑)、バランスの取れたモード、嫌なアタックやハイのキツさも無く、ローも程よく出ていてキメの細かいディストーションにも通じるファズサウンド、バンドメンバーにも嫌な顔をされずに上手くアンサンブルにも溶け込めるモードです。暴れるラムズマフ的ニュアンスも感じれます。

bassはローエンド/ベース帯域をカットできるスイッチ、ハムバッカーPUなどのギターでこれ以上ローは出したくないと感じた時には左に切り替えることである程度抑えることができます。右に切り替えればカットはパスされます。